読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はちょっと趣向を変えて。

こんばんは、kaiです。

 

今日はちょっと『お金を借りる』という話から離れてみたい思います。

 

お金を人から借りる技術、お金を銀行から借りる技術、お金を投資してもらう技術…。こんな事ばかり毎日考え実行したり、また人に指南したりなんかしてます。

 

今日はそういう話しから離れまして、私の日常に関して話をしてみたいと思います。

 

私は基本的に好きな事しかしていません。

というより好きな事しかしないように自分を縛っています。

 

 

起きたい時間に起き、

食べたい物を食べ、

やりたい仕事に没頭し、

友達と遊びまくり、

家で見たい動画を見まくり、

好きな人と時間を共有し、

寝たい時に寝る。

 

まるで完全なる自由。

 

のような生き方をしています。

 

 

 

 

 

 

ですが、これほど恐ろしい日常はありません。

 

自由の後ろには責任がついてまわりますからね。

 

人にも当然言われます、あなたの生き方は無責任だと。彼女をちゃんと養えなるのか❔将来の事はどう考えてるんだ❔結婚はどうするんだよ❔

 

 

 

わかってますよ。

 

 

すべて考えた結果が今の状態であると。

 

 

 

なぜ好きな事を諦める前提にする事でしか物事を考えなきゃいけないんでしょう❔

 

 

なぜ我慢の先にしか将来がないという考えを抱かなきゃいけないんでしょう❔

 

 

私にはわかりません。

 

 

 

敷かれたレールを走る。

 

 

いや私はレールを作ってみたい。

 

 

自分にしか出来ない生き方は必ずあります。そしてその生き方で将来も考えられますし、結婚も出来ます。いや、もっと色んな事できます。レールを作っていけば可能性は無限ですから。

 

この考え方は確かに大変危険ですが、危険なのはレールに乗っていても、レールを作っていても付き物です。壊れる事もあるかもしれません。ま、壊れたら壊れても仕方ないと思えばいいです。

予期せぬ事故は当然あると思いますが、自分で選んだ選択なら納得いけます。

 

大切なのはこの納得ってところです。

 

自分が選んだ事に納得しているか、してないかそれだけなんです。諦めとは違います。もっと言ってしまうと自分に嘘をついてないか❔って事なんです。

 

 

 

自分に嘘をつかない生き方が私の生き方なのです。いろいろ言いましたが、答えはとてもシンプルです。

 

好きな事しかしない=自分に嘘をつかない生き方。

 

 

それで生計を立てて生きてるのが私です。でもこれは誰もが出来る事です。

 

 

恐怖心から逃げない強い心があれば…。